FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新感染



ゾンビの概念覆ります。

ゾンビ映画はほとんどみないのですが、こんなに足の速いゾンビっていたの?!って感じです。

とりあえずあの速さで来られたら自分なら真っ先に殺されると思います。

逃げるのがもう無理。

恐怖心と戦うならいっそのこと真っ先に死んだほうがマシだ!と思わせてくれました。


わたしの中でゾンビは頭をかち割れば死ぬものだ、と思っていたのですがこの映画にでてくるゾンビはそういうわけではないようで。

目に入るもの、耳に聞こえる音の方へ全速力で走ってきます。怖すぎです。


割と最初の方からゾンビ出てきます。

新感染というタイトルなだけあって、新幹線に乗ります。

ほとんどが新幹線の中での話です。乗ってからはあっという間。

え、もう2時間経った?!早すぎる!と思いました。

それぐらい引き込まれた感じです。

途中から正座して食いついてみてしまいました。

ゾンビが出てくるまでの前置きが短いのでダラダラ感も無いです。


韓国映画や韓国ドラマは割とみる方なんですが、韓国特有の泣きの場面と人間のえげつない部分の描き方はさすがだな、と。

ゾンビ映画、と構えてみていたので、まさか泣ける場面があるとは思いませんでした。

子役の子の演技がすばらしいです。

特に最後の場面、ぐっときてしまいました。

エンドロール後もその場面思い出して思い出し泣きをしてしまいそうなぐらい印象に残りました。


性格の悪いおじさんも、これまた韓国らしいなあ、と。

韓国映画では自分さえ良ければいいという考えの人、8割ぐらいの確率で1人は出てきます。

そしてそういう役をやられる方の演技力、圧巻です。

ほんとに憎たらしいんですよね。


新感染でも良心というものがないのか?っていう憎たらしいおじさん、でてきます。

この人さえいなければもう少しうまく対処できたのでは?っていう出来事多々あります。

この人がいたのでハラハラさせられる展開がたくさんあったんですけどね。


父と娘、妊婦の妻と夫、高校の野球部の男の子とマネージャーの女の子、老人の姉妹、がいろいろな物語をみせてくれます。

ハラハラドキドキしながらも本当に泣けます。

これはおもしろかったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。