FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスノート Light up the NEW world



相変わらずリュークの声を演じる俳優さんは、本業でないのに声優の演技が上手いです。

デスノートの冊数が多いので、ノートの所持者がそれぞれ違った使い方を考えるのが楽しいです。

エルの意志を継ぐモノと死神の人種を超えた友情の絆が見られる場面が素敵です。

デスノートが個人の手にあるのも危険だけど、国の手に渡っていいように扱われて管理されるのも怖いと感じます。

デスノートの所有者のメイン3人が、最後に下したそれぞれの決断も皆違って良いと感じます。

初回のほうにしか出なかったけれど、元AKBの川栄李奈さんは演技がなかなか上手いなあと感じます。


個人的には懐かしの松田さん、ライト、エル、ミサが見れたのが嬉しいです。

デスノートは誰が所有するにあたって、悪にも神にもなりうるものだけど、それを使った人は死後に代償があるみたいなので、それが恐ろしいなあと感じます。

前回のライトの時も感じたのですが、リュークはデスノートを自分の遊び道具にしているけれど、そこそこ所有者のことを気に入っているなあと感じます。

ライトを崇拝するための演技、ミサが下した決断を行う演技が特に印象に残っています。

安室奈美恵さんが歌う主題歌も歌詞が映画に合っていて好きです。

ライトやエルの意志はきちんと未来に受け継がれていると感じるし、ライトやエルは自分の死を見越して未来のために対策を練っていた優秀さがすごいと思います。

この作品だけでもデスノートは一応完結しているけれど、続編をもっと見たいと感じています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。