本能寺ホテル



あり得ないタイムスリップで、主人公が戦国時代で織田信長と出会う話と聞くだけ興味が湧いた作品でしたね。

それに、主演の綾瀬はるかさんに対する演技も期待通りでほんわかした魅力も倍増です。

実は、映画を観る前に大きな勘違いをしていたのですが…監督さんを三谷幸喜さんだと思い込んでおりました。

これは、大変失礼な事で申し訳ないと反省をしながら鈴木雅之さん(演出家です)を調べていると過去大ヒットしたドラマに携わる方だと知りました。

「それゃ、面白いはずだ!」

失礼な事から、今までお世話になっていたドラマの監督・演出家さんと分かり良かったですよ。

ここで話は戻りますが、主演の綾瀬はるかさんと堤真一さんが目立つ印象の本能寺ホテルですけど。

個人的には、近藤正臣さんのセリフと心遣いが好感触な映画でもあります。

作品内でも、迷いがある繭子・綾瀬はるかを優しく導くキーマンになっています。

義理の父親になるかも?

立場上では、かなり難しい役どころを流石の魅力で熟す近藤正臣さんが素敵ですよ。

気になった映画の流れも、破天荒パロディでありながら違和感も無くて引き込まれて行くので老若男女で楽しめるエンターテインメントですね。

それに、もし歴史に疎い方でも興味を持てるしプチ勉強にもなると思います。

先ずは、あまり細かい事を気にせずに楽しむ姿勢で臨むべき映画でもありますから…スッキリしたい方にはおススメですよ。

そして、過去に生きた人達の想いと現代社会の人達の想いの違いがあるのか等を分析すれば2度美味しい映画にもなりそうですよ。
スポンサーサイト