FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・ラ・ランド



アカデミー賞最多ノミネートを記録したという触れ込みに惹かれて鑑賞しましたが、そういったうたい文句がなかったとしても、間違いなく歴史に残る大傑作だと感じました。

ストーリーはある意味映画文化そのもののテーマだとも言える「夢を追うこと」「夢を見せること」に対するひとつの答えだと思いますし、鑑賞した人全員がきっと自分の人生における夢や、今まで過ごしてきた日々を振り返ると思います。

作品の要所要所には象徴的なアイテムとして「道」が登場します。

この道を進んでいたら、あるいはこの道を選ばなかったら、自分はいったいどうなっていたのだろう、という、登場人物のみならず、観ている人全員が持っている疑問が名曲とともに浮かび上がってくる、ある意味不思議な感覚をもらえる作品でもあります。

大人になることや夢を叶えることは決して単純ではないのだと主人公2人が恋愛の中で気づいていくストーリーは胸にささりますし、その一方で夢の世界を具現化したように華やかなミュージカルシーンでは思わずこちらも歌いだしたくなります。

衣装の色や場面ごとの色使いも素晴らしく、劇場を出た後にも美しい映画の中の場面を何度も思い出してしまいました。

劇中歌も一曲一曲が名曲ぞろいです。

そして何より、ラストの数分間には涙が止まりません。

ラストシーンまで見終わったあとには、必ず「もう一回観たい」と感じるはず。これからの人生できっと何度も見返すだろうなと思う、素晴らしい映画です。
スポンサーサイト

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-



テレビで放映されていたアニメの映画化が決定して劇場版として放映される作品を今まで数多く観てきましたが、ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-はどんなアニメの映画化作品よりも全体的にクオリティがとても高いと感じました。

アニメの映画化といえば軽い触りで物語として成り立っていないものが多いのですが、この作品はしっかりと物語があって、しっかりとラストも納得できる内容で不満要素が一切ない完璧な作品です。

神田沙也加さんが演じたキャラクターのユナがとても可愛くて、ソードアートオンラインのメインの登場人物に潰されることがない存在感は必見です。

オーディナルスケールではキリトやアスナはもちろんのことクラインやユイなども色んなシーンで登場するのでメインの登場人物はもちろんのこと過去にちょこっと出てきたちょっとマニアックな登場人物の活躍も楽しむことができます。

ソードアートオンラインのアニメを全て見た人なら知っているあの茅場晶彦についてもこの劇場版でまた触れるので茅場晶彦ファンにもたまらない作品になっています。

ソードアートオンラインファンの私は映画を観ている間、ずっとワクワクとドキドキが止まらず興奮が冷めませんでした。

もちろん今までアニメでソードアートオンラインを観てなかった人でもしっかりと物語や出てくる登場人物はどういった立ち位置なのかということは分かるようになっていたり、戦闘シーンの迫力満点の映像や誰もが聴いていて癒やさせる音楽できっとこの劇場版を観たらソードアートオンラインが好きになると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。