22年目の告白 私が殺人犯です



ちょうど藤原竜也さんの演技が気になっていたので何の前知識もなく観ました。

演技の上手さはもちろん、その存在感に圧倒されました。

さすが舞台や映画で主役を張る役者さんだと感心しきりでした。

ストーリー展開もテンポが良く、周りを固める脇役の方々も演技派揃いで最後までドキドキしながら楽しめました。

個人的に「どんでん返し」のある話が好きなので、この先はどうなるんだと考えながら観るのが好きな方にはオススメかと思います。


この作品を観た後に原作の韓国版も観たのですが、こちらもまた日本版とは違う面白さがありました。

好みが分かれるでしょうが、どちらも観る価値があると思います。

日本版は始終シリアス、韓国版はシリアス+アクションコメディといったところでしょうか。

過去の殺人の告白、という事で緊張感のあるシーンがいくつか出てきますが、観終わった後は「そういうことか」と肩の力が抜ける感覚に陥りました。


登場人物が皆含みのある怪しい人達ばかりなのもこの作品の魅力の一つかと思います。

最後まで見逃せない展開が続きます。

長時間作品にあるような中だるみがなく、うまいこと纏めたなぁと感心しました。


最後に、直前まで観ていたドラマの藤原竜也さんがあまりにも冴えない役だったので、この作品のクールな彼とのギャップに驚きました。

藤原さん始め、他のキャストの演技にも注目しつつストーリーを追っていくとより楽しめるかと思います。

是非一度ご鑑賞下さい。
スポンサーサイト

デスノート Light up the NEW world



相変わらずリュークの声を演じる俳優さんは、本業でないのに声優の演技が上手いです。

デスノートの冊数が多いので、ノートの所持者がそれぞれ違った使い方を考えるのが楽しいです。

エルの意志を継ぐモノと死神の人種を超えた友情の絆が見られる場面が素敵です。

デスノートが個人の手にあるのも危険だけど、国の手に渡っていいように扱われて管理されるのも怖いと感じます。

デスノートの所有者のメイン3人が、最後に下したそれぞれの決断も皆違って良いと感じます。

初回のほうにしか出なかったけれど、元AKBの川栄李奈さんは演技がなかなか上手いなあと感じます。


個人的には懐かしの松田さん、ライト、エル、ミサが見れたのが嬉しいです。

デスノートは誰が所有するにあたって、悪にも神にもなりうるものだけど、それを使った人は死後に代償があるみたいなので、それが恐ろしいなあと感じます。

前回のライトの時も感じたのですが、リュークはデスノートを自分の遊び道具にしているけれど、そこそこ所有者のことを気に入っているなあと感じます。

ライトを崇拝するための演技、ミサが下した決断を行う演技が特に印象に残っています。

安室奈美恵さんが歌う主題歌も歌詞が映画に合っていて好きです。

ライトやエルの意志はきちんと未来に受け継がれていると感じるし、ライトやエルは自分の死を見越して未来のために対策を練っていた優秀さがすごいと思います。

この作品だけでもデスノートは一応完結しているけれど、続編をもっと見たいと感じています。

忍びの国



大野智さんが主演と務めるとのことで、大々的に広告されていたこの映画。

脇を固める豪華俳優陣とヒロイン役の石原さとみさんのファンだったため映画館で観ました。

原作は未読ですが、ストーリーに置いて行かれることなく最後まで楽しく観ることができました。

主人公である無門ですが、普段はやる気が感じられないのに、お金のためなら人殺しもいとわない村一番の忍びという肩書を持ちながら

一目ぼれしたお国には頭が上がらず、家にすら入れてもらえないというギャップに笑わせていただきました。

お国ですが最初の方は無門に冷たい態度で接していましたが、終盤気持ちの変化があり二人の距離が近づいてからの展開は目が離せません。

鈴木亮平さんが演じる平兵衛の人間らしさ、泥臭さも魅力的でした。

十二家評定衆が人でなしの集団なので、どうしても平兵衛の方に感情移入してしまいますね。

そしてこの映画の一番の見所はアクションシーンだと思います!

体を張って挑まれたとのことで、スタイリッシュな演出と迫力に目を奪われ「すごい!」の一言に尽きます。

無門と平兵衛の一騎打ちのシーンが本当にカッコよくて手に汗握りました。

それに、かっこいいだけではなく、所々にコミカルな演出を加えることで作品のテンポを良くし最後まで飽きることなく楽しめたのは映画として評価されるべきところだと思います。

大野さんのファンの方はもちろん、アクション映画が好きな方、

時代劇はちょっと、という方でも現代風にアレンジされているので時代劇入門編としておススメです。

本能寺ホテル



あり得ないタイムスリップで、主人公が戦国時代で織田信長と出会う話と聞くだけ興味が湧いた作品でしたね。

それに、主演の綾瀬はるかさんに対する演技も期待通りでほんわかした魅力も倍増です。

実は、映画を観る前に大きな勘違いをしていたのですが…監督さんを三谷幸喜さんだと思い込んでおりました。

これは、大変失礼な事で申し訳ないと反省をしながら鈴木雅之さん(演出家です)を調べていると過去大ヒットしたドラマに携わる方だと知りました。

「それゃ、面白いはずだ!」

失礼な事から、今までお世話になっていたドラマの監督・演出家さんと分かり良かったですよ。

ここで話は戻りますが、主演の綾瀬はるかさんと堤真一さんが目立つ印象の本能寺ホテルですけど。

個人的には、近藤正臣さんのセリフと心遣いが好感触な映画でもあります。

作品内でも、迷いがある繭子・綾瀬はるかを優しく導くキーマンになっています。

義理の父親になるかも?

立場上では、かなり難しい役どころを流石の魅力で熟す近藤正臣さんが素敵ですよ。

気になった映画の流れも、破天荒パロディでありながら違和感も無くて引き込まれて行くので老若男女で楽しめるエンターテインメントですね。

それに、もし歴史に疎い方でも興味を持てるしプチ勉強にもなると思います。

先ずは、あまり細かい事を気にせずに楽しむ姿勢で臨むべき映画でもありますから…スッキリしたい方にはおススメですよ。

そして、過去に生きた人達の想いと現代社会の人達の想いの違いがあるのか等を分析すれば2度美味しい映画にもなりそうですよ。

君の膵臓をたべたい



序盤に張った伏線を終盤に回収された時の呆気なさ、心にポッカリ穴が空いてしまったような感じ、"僕"と同じような気持ちになれて、悲しくも嬉しい複雑な気持ちになりました。

悲しい終わりが避けられないのは分かっているのに、序盤から中盤にかけて暗い気分にならずに見ていられるのは、ヒロインが魅力的だからだろうと思います。

そして、その魅力ゆえに、彼女と彼女を見守る主人公がよりいっそう愛おしく感じられ、避けられない終末が辛く、切ないです。

でも桜良も春樹も、どちらも強いなと思いました。

桜良は、悲しみや恐怖を一人で抱えていて、春樹は、一人でじっと人生を過ごしている。

原作を読んだ時も思ったのですが一日一日がとても大事だなと感じさせられる話です。


そしてキャストはとても良かったです!

桜良は透き通る笑顔と元気さが眩しすぎる!

繕っている元気さと、たまにみせる素の表情がまたグッとくる。

そして春樹。

寡黙で言葉少なめで、でも突っ込むところはしっかり。

自然体な演技がとても上手くてよかったです。


高校時代ラストの桜良家でのシーン、もう涙が止まらなかった。

春樹の「もう泣いても良いですか」やばいです。

その前からもう涙が止まりませんでした。


「好き」というは簡単だけど、それには責任がある、果たさなければならない「義務」もある。

好きと最後まで言わなかった、

名前を最後まで呼ばなかった、でも、その気持ちは痛いほど伝わりました。

若い二人が、感動を与えてくれました。

そして劇中内で出てくる「1日の価値はみんな一緒なんだよ。」は心に残る名言です。